基礎知識

犯行の実態と犯罪者の心理

犯行をあきらめる要素

空き巣などの罪で逮捕された犯人に対し、警視庁が実施した調査(対象35名、検挙歴あり89%)によると、空き巣犯の91%の者が、過去に侵入を諦めたことがあるとの結果が出ています。

理由として多かったのが、「近所の人に声をかけられた」であり、次いで「ドアに補助錠が付いていた」「犬を飼っていた」「セキュリティーシステム」「防犯ビデオ」
挙げられています。
この結果から防犯カメラ・監視カメラによる犯罪抑止効果が高いことがわかります。

つまり、空き巣など犯罪者に対し、防犯対策を施していることを視覚的に示すことで、犯罪を未然に防ぐことができるのです。

防犯カメラ・監視カメラを設置することによるメリット


■ 犯罪を未然に防ぐ抑止効果

防犯カメラ・監視カメラを設置し、周知させることによって、犯罪を未然に防ぐことができ、不審者などの早期発見に繋がります。
■ 証拠の保全

万が一被害に遭ってしまった際に、犯行の映像を録画することで、警察などへ提出する証拠を残すことができます。
■ 手軽な価格で設置ができる

大手警備会社へ契約することも有効ですが、年間数十万円のコストがかかります。
ガルセキュリティの防犯カメラは、犯罪を未然に防ぎ、証拠も残せ、手軽な価格で設置することができます。
■ 防犯意識が高まる

防犯カメラ・監視カメラを設置することにより、付近住民の防犯意識も高まり、相乗効果により、犯罪の抑止力も高まります。

防犯カメラ・監視カメラの販売・設置は、ガルセキュリティ。お気軽にご相談下さい。
フリーダイヤル
0120-126-007
防犯カメラのことは何でもお電話でご相談下さい。
bar メールでのご相談 bar2